クレーン

クレーンの種類

クレーンには、天井クレーンやタワークレーン、移動式クレーンがあります。それぞれ特徴や性能が異なり、建築現場の状況に応じて利用されています。いずれのクレーンも、点検を行なう際には講習の受講が必須です。

Read More

クレーン作業を安全に行うために利用するクレーンフックで安全な作業を行いましょう。商品のスペックはコチラからどうぞ。

釣りの味方

魚群探知機は魚群を探す機会で、漁に欠かせないものになります。魚群探知機は超音波を改定に投げ、当たった物体から戻ってきた時間を計算して水深を測定していきます。水深とポイントにより魚種も判断できます。

Read More

定期的にクレーンの点検を行って事故を未然に防ぐことは非常に重要です。修理や点検は専門の業者に依頼することが可能ですよ。

危険を知らせる

ラジオやテレビはもちろん、スマートフォンからも地震から身を守る「緊急地震速報受信機」のシステムが搭載されています。大きな地震はもちろん、小さな地震まで知らせてくれるため、危険から身を守ることができます。

Read More

効率的な漁を可能にする魚群探知機を活用してみませんか?様々な魚群探査機を開発している業者で最新の製品をチェックしてみましょう。

掃除

業務用エアコンを掃除しないと人体に悪影響を出します。それはゴミが上から降ってくる状態になるため、そのゴミを人が吸ってしまう可能性が非常に高くなります。そのため、掃除をすることが重要になります。

Read More

用途を決める

汚れの溜まっている状態は環境も悪くなります。業務用エアコンの掃除の依頼ならこちらの業者がおすすめです。定期的にみてもらいましょう。

人数をできるだけ減らして産廃処理をするならこちらにご相談を。便利な機械を利用して人件費削減を目指しましょう!

クレーンフックとは工事現場などで見かける重機の部位です。 疑問符の記号マークを逆さにしたような形であり、そしてそれはワイヤーロープを経由して使用される重機パーツです。 クレーンフックと一口に言っても多種多様にあります。 そしてそれは工事の用途において導入する内容が変わってきます。 前述の疑問符を逆さにした様な形はフックブロックと言い、世間でもよく使われているタイプの物です。 これは疑問符を逆さにした様な形は片フックと言い、フックが左右にあるのは両フックと言います。 此方はいわばワイヤーロープなどを用いて荷物や、コンテナの引っ掛けへと通して持ち運ぶ場合などに用いられます。 此方は荷物の自重を利用するウェイト式や、遠隔操作を可能とする電導シリンダ式などがあります。

フックブロックは荷物を持ち運ぶ事に特化したタイプであり、工事現場においてはクローとグラブバケットと呼ばれるクレーンフックなどを用います。 クローとは形が一見すればL字型になっているクレーンフックであり、工事現場が増改築や一旦取り壊しの再建築などにおいて地面に柱となって敷かれている木材部品などを取り外したりする為に使われています。 他にも列車などのレールなどを取り扱う時などにも使われており、フックブロックとはまた用途が違う物となっています。 そしてグラブバケットとはクレーンゲームのアームを隙間を閉じるスコップに両爪を変えたみたいな形状の物であり、此方は土砂などを運ぶ為に使われる物です。 つまり、クレーンフックと一口に言ってもそれは多種多様にあり、仮に工事現場に導入する際にはコレ等の知識がなくては作業現場に無用の長物を置きかねない事にもなりえるという事です。