釣りの味方

魚群探知機とは文字の通り魚群を探す機械です。魚の漁にも欠かせないものになりますが、釣り船にも必ず必要なものになります。 魚群探知機にも様々な種類がありますが、大きな違いは探知出来る範囲になります。魚群探知機の仕組みは超音波にあります。海底に向けて超音波を投げ、魚に当たったところが魚群になります。超音波は当たった物体から再び上跳ね返り、戻ってきた時間を計算し水深を測定します。魚群に当たらない超音波はそのまま海底に送られるので、途中で当たったもののみを魚群だと判断します。 また当たった水深とポイントによりおおよその魚種も判断出来ます。当然魚は同じ場所に留まらないので、アタリがなくなれば再び魚群探知機で魚影を探します。

魚群探知機は一般的に沖にでる船につけるような大型のものですが、最近は波止でも利用できるポータブルなものも一般で販売されています。価格は数千円とお手頃なものから二万円くらいのものが主流で多くの釣り人から指示されています。スマートフォンのアプリと連携する魚群探知機も発売され、湖での釣りなどにかなり有効なアイテムだと評判になっています。大きさもハンディサイズのものも多く、画面も魚影を魚の形で表現しているものなど解りやすいものも多く販売されています。使い方に慣れれば、周りの釣り人と比べ釣果に大きな違いででることが大いに期待出来ます。これらの魚群探知機は大手釣り具やかインターネットショップで販売されています。