危険を知らせる

近年地震が増えていていつ自分が住んでいる地域に地震が来てもおかしくない時代になっています。そんな時に命を守るのが緊急地震速報受信機です。緊急地震速報受信機とは揺れが起こる前に地震予報をしてくれたり、どこでどのくらいの大きさの地震が来たか、津波の心配はないか、を速報してくれる受信機です。携帯でも大きな地震が来たら緊急地震速報として知らせてくれる機能もありますが、緊急地震速報受信機は小さな地震も知らせてくれます。 そして、緊急地震速報受信機は3000円〜5000円ほどで売っていて親機と子機で売られている物もあり当然持ち歩くこともできます。 すぐには逃げられないお年寄りの方がいる家に置いておくこともいいですし、地震が来て電気が使えなくなっても緊急地震速報受信機は使えるので1つ買っておくことをおすすめします。

東日本大震災が発生し、ますます防災に対する関心が高まってきています。その一つで、地震の被害を最小限に出来るものが緊急地震速報受信機です。緊急地震速報受信機というのは、据え置き型の機械で緊急地震速報を受信し、スピーカーなどで警報を発するものです。 まず、この機械の利点は、テレビやケータイが無くても警報を聞くことができるという点です。たとえば就寝時などでテレビやケータイを消しているときに緊急地震速報が発信されたときでも、緊急地震速報受信機があれば早期に警報を聞け、避難などを迅速に開始することが出来ます。 地震に際しては揺れによる落下物のほかにも津波などの被害も懸念されるようになってきました。ですが、どちらにも共通して言えるのが、早期の非難です。緊急地震速報受信機を使うことによって迅速に避難でき、犠牲者を一人でも減らすことが出来ます。