クレーンの種類

クレーンと言うのは、特に建築現場でよく使われます。人力では持てない重たい物を吊り上げて運び入れる建設機械です。種類も様々で天井クレーンやタワークレーン、車両と一体型になっている移動式クレーン等が存在します。補足として、今回は3種類の名を挙げましたが、実際にはもっと多くの種類があります。建築現場では多くの重たい資材等があります。その際に、クレーンが使われており、建築現場で大変重宝しています。しかし、一歩間違えると大事故になりかねない非常に危険な機械でもあるのです。その為、欠かすことのできないのは点検です。必ず作業開始前に運転士による点検を行います。また、月に一度行う月次定期点検や、年に一度有資格者による年次定期点検と非常に多くの点検が行われています。

労働安全衛生法で定められる定期点検を行う者は、かなりの高度な知識と技術を要する為、十分な教育を受けた者しか行う事ができません。点検者を育成する講習を受講した者のみが定期点検を行う事が出来るのです。また、その教育講習はクレーンの種類によって分かれています。大小様々なクレーンが存在する為、クレーンによって必要とする知識が異なる為です。ですが、どれも国家資格では無いので誰でも受講する事が可能となっています。近年、中小企業では事業者が教育講習を受講して、小規模な機械は自分で検査しています。ちなみに検査結果を記録した書類は、3年間保存しておかなければいけません。クレーンは非常に便利な機械であると共に、大変危険な機械でもあります。一定期間ごとに点検や検査を実施し、整備不良による災害を未然に防止する事が求められています。